グラス、サービス、抜栓について

グラス

グラスのふちに向かってすぼまっている形が良いです。ワインの香りがわかりやすくなります。

一般的には、赤ワインは白ワインより大きいグラスで、またスパークリングワインはフルート型のグラスでサーブします。

グラスに、汚れや指紋、洗剤のあとが残らないように、完璧にきれいにしてから使用しましょう。

  

ワインのサービス方法

ワインをサーブするときは、ワインに問題がないか、まず次のことをチェックします。

・ワインの外観(にごりの有無)

・浮遊物がないこと

・香り (状態の悪いワインは、濡れた段ボールや酢の香りがすることがあります)

  

抜栓後

一度栓を開けたワインは、空気と触れることでゆっくりと劣化していきます。

コルクで再び栓をして冷蔵庫で保管することで、ワインの味わいをより長く保つことができます。

空気から遠ざけることが大切ですので、下記の方法も効果的で、ネットなどで広く扱っています。

・バキューム方法

ポンプ式に瓶内から空気を取り除きます

・ブランケット方法

瓶内にガスを注入することで、空気を追い出します。ガスによるワインの劣化はありません














コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。