コレクション: エインシャント・ピークス

ワイナリーがあるパソ・ロブレスというブドウ栽培地域(AVA)は、サンフランシスコとロスアンゼルスのちょうど真ん中に位置します。APは太平洋側に近い小高い丘に、千エーカーという 広大な自社畑(マルガリータ・ヴィンヤーズ)を保有。この土地で由緒ある3つのファミリーが創業し、ワインを作ってきました。畑は土壌や気候、日照角度の違いなどで、表現の異なるブドウが出来るため、それらを細かい「ブロック」に区分けしています。

 土地柄、サンタルシア山脈と、海からの冷たい風や霧の影響を受けるため、昼夜の温度差が大きく、ブドウがゆっくりと熟成。更に化学肥料を最小限に抑えた「オーガニック農法」「サステイナブル農法」を長年実施しているため、質の高い優良なブドウが出来ます。

 同社のワインは、高品質でありながら、お求め安い価格を保っています。これが出来るのは、同業他社と違い、ブドウの全てを自給自足できること。つまり、ブドウの質で決まるワインの質を、自らがコントロールできることにあります。更に、コストの上昇が止まらない北のナパなどと比べ、比較的物価の安定したカリフォルニア中部(セントラルコースト)に位置することも見逃せません。

 自社畑100%で作られたこのワインは、厳しいサステイナブル農法の基準をクリアした畑にのみ与えられるSIP規格の資格証明を取得し、単なる無農薬製法を超えた、地域や自然との持続可能な共存を目指したブドウ製法を採用しています。

 

最近は様々な業界紙や評論家が、注目を始めているワイナリーであり、現時点ではカリフォルニアの隠れた宝石といえるでしょう。

6個の商品