飲み頃の温度のお話



一般的に、白、ロゼ、スパークリングワインは、冷やしてサーブ。赤ワインは、軽く冷やすか室温でサーブ。と覚えておきましょう。

楽しむその日に冷蔵庫などで適温に冷やしておくといいでしょう。
お勧めの温度は温度もワインのタイプにより6℃から18℃と幅広いですが、何と言っても個人の好みが優先です。グループで楽しむ場合、ホストはゲストの好む温度でサーブする気配りがあるといいですね。

《白・ロゼ・スパークリングワイン》

甘口  6~8℃
スパークリングワイン  6~10℃
白ライトボディ&ロゼ 7~10℃
白ミディアム~フルボディ 10~13℃

アイスバケツはテーブルでも温度を低く保つのに効果的です。
使用するときは、氷と一緒に冷水を入れると効果的です。
また、塩を氷にひと振りすると早く冷えます。


《赤ワイン》

ミディアム~フルボディ 15~18℃
ライトボディ 13℃

温度を上げるには、直接熱を当てるのではなく、エアコンなどを利用したり、室温で自然に調節しましょう。

 

Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published